どんな仕事をしてるの?

  1. EX-design
  2. 280 view

EXデザイン課の業務内容

デザインの仕事はクライアントから仕事の依頼が来てからはじまります。

担当営業、もしくはデザイナーはクライアントとの打ち合わせにてヒアリングをしていきます。その場でラフスケッチやイラストなどを描いて、より完成イメージへと近づけていくこともしばしば。
打ち合わせ内容をもとにお客様の課題や要望を整理整頓し、現実可能で魅力的なデザインに構築していきます。

クライアントへのデザイン提案は3Dパースや図面を用いてプレゼンテーションを行います。提案資料は、3D・図面ソフトやPhotoshop、Illustratorなどを使って作成します。

プラン決定後の製作図面の作成や製作部との仕様のチェックなどもデザイン課で行います。現場施工の場合は実際に現場に向かい、最終仕上がりの確認をします。

EXデザイン課だからできること

1. 空間に関するさまざまな分野のデザインができる

展示会、イベント、内装など様々な分野に範囲を広げるエクス・アドメディア。さまざまなデザインに触れることで意外な得意分野がみつかるかもしれません。

2. 新しいことにチャレンジしやすい環境

社内に製作チームがいるので今までやったことがないようなアイデアも製作のプロフェッショナルたちと協力してカタチにすることができます。

3. カタチになる感動を肌で感じられる

デザインの提案だけでなく、実際に現場に出て指示する場面もあります。自分でデザインしたものが目の前で出来上がっていく様子は何度見ても感動ものです。実際に施工現場に触れることで自身のデザインスキル向上にもつながるでしょう。

関連記事

ワークスタイル

入社したら、どんな仕事が待っているの?将来、どんな仲間が待っているの?そんな気になる内容を解き明かすべく先輩たちの実際の仕事内容や、素顔を覗いてみましょう!…

  • 265 view